上海の大将のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 外食(泰康湯包館) − どうやってスープを飲むべきか!?

<<   作成日時 : 2013/10/14 07:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

とある平日の昼食です。

最近昼食をとる店もマンネリ化しており、たまには店を変えようと言う事で、
泰康食品2階にある泰康汤包馆へ初めてやってきました。

南京歩行街(人民広場寄り)に面した場所のため、店内も観光客で賑わってます。

メインは葱油冷面を注文
画像


付け合わせの牛肉汤
画像


小样生煎と同じようなパクチー入りのカレー風味スープです。
これは美味しい。


さらに店の名物なのでしょうか、大きな汤包が目玉商品のように
メニューへ載っていたのでそちらも注文。










それがこちらの汤包です
画像









他店、例えば南翔馒头店だとこんな感じで。。。
画像




比較すると大きく二つの相違点が、、、

木枠に入っておらず、皮とスープのタップンタップン感が向き出しで
面白いです。
ついつい指で突いてしまいます・・・




そして一番気になる相違ですが、ストローが無い事です。

ストロー無しでどうやって中身のスープを飲むんだ〜







店員に聞いてみると爪楊枝で端っこに穴を開け、そこからスープを吸えと

普通の小笼包と同じ食べ方をせよとのお達しですのでその通りに。
画像





口を皿に近付け、此の穴からチューチューとスープを吸ってみると!!!



味は良い、ただ吸い難い
ストローで吸うのに比べ、火傷の確立が格段に高くなります。


恐らくストローなど無い時代はこのように汤包のスープを吸っていたのでしょうね〜
文明の利器、、、ありがたさが身に沁みました。。。


文明の利器を活用する店、古くからのスタイルを通す店。
店には各々考え方があるとは思いますが、、、

私としては文明の利器を生かした店に一票を〜

伝統を重んじながら上手く文明の利器と融合して行くのが
良いかと考えております。

他の方はどのように考えますかね〜


いろいろな国の料理情報 ⇒ 各国料理
上海の暮らし情報 ⇒ 上海暮らし



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
外食(泰康湯包館) − どうやってスープを飲むべきか!? 上海の大将のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる