上海の大将のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 外食(席家花園) − 料理は美味しいのだが・・・

<<   作成日時 : 2011/10/18 23:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

蘇州出張の夕食

会社の中国人同僚達と会社近くの席家花園というレストランへ食事に
画像


この店は有名で、結構高級だとか・・・


蘇州料理なのか上海料理なのか分かりませんが、良く上海で口にする料理が
ずらずらと並びます。

そしてこの次期欠かせないのが大闸蟹
画像


尻尾にもミソがたっぷりと
画像


甲羅にもミソがたっぷりと
画像


蟹を食べている間は皆口数が減ると思っていたのだが、
口数が減っているのは日本人だけでした。
中国人の同僚は殻をペッペッと吐きながらも会話を止めない。
話すか剥くかのどちらかしか出来ない私としては完敗な気分でした。
また、相変わらず口の使い方が上手いな〜と実感。
上手くなりたいとは思わないが・・・

そんな事を考えていると、いきなり天井がガタガタと音を立てた。
一瞬ネズミか何かが蛍光灯の上に落ちて来たのかと見上げると、
蛍光灯を固定していた金具の一部が外れ、テーブルに落ちて来て、
料理の上に直撃!!

画像


画像


すかさず中国人の同僚が文句を言うと、直ぐに部屋を変えてくれたのだが、
料理も作り直しされず、そのまま別の部屋へ移動されて来た・・・
割れたコップの破片が飛び散ってたので、料理に紛れているかもしれないじゃん!

それを指摘するも没問題との回答が
何を持って没問題なのでしょう。根拠が分かりません。

その後、我々の中国人老板と担当者との長〜い攻防が・・・

老板:料理が台無しなので料金を半額にしろ
担当者:迷惑かけたので食事代の1800元から100元値引きします
老板:お前じゃ話にならないから店の老板を呼べ
担当者:今日老板は不在
老板:電話しろ
担当者:さっき電話したが出ない

この平行線の攻防を30分程度繰り返した後

担当者:では、100元値引きとお土産を用意します
老板:お土産要らないから半額にしろ
担当者:私のは判断ではできない
老板:お前じゃ話にならないから店の老板を呼べ
担当者:さっき再度電話したが出ない
老板:日本からのお客さんを持て成しに来たのに台無しだ!!

なんかいつの間にやら観光客にされ、かつ値引きの出しにされてました・・・
再びこの平行線を30分程度繰り返すした後

老板:公安を呼べ!
担当者:分かった

そして15分後に公安到着。

それからなんだかんだで30分。
公安の仲裁で半額とまでは行かないが1300元で手打ち。
何もしていないのだが、非常に疲れました。

そして帰り際、会社の老板が貴重な体験出来だろう!!
別に1300元まで負けてくれなくても良かったのだが、
公安を呼ぶ所を見せたかった云々・・・

非常に嬉しそうな老板でした。

こっちは別に見たくないのに、そんな事のために2時間弱も・・・

そんなこんなで結局食事の味も忘れてしまいました。

おしまい


事件があったので店の評価はしません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
家飯(上海蟹) − 凄い味噌の量!!ただ・・・
先日の日曜日 勢いで買ったお土産の上海蟹が冷蔵庫に潜んでいました。 ...続きを見る
上海の大将のブログ
2014/03/09 00:37

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
外食(席家花園) − 料理は美味しいのだが・・・ 上海の大将のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる